2009年06月03日

71:キヴァッソ(イタリア)



5月3日。トリノの夜を堪能した翌日の朝、ホテルで朝食を取って、カプチーノで仕上げ。日曜日ということで、Chivasso(キヴァッソ)行きの電車の本数が平日よりもかなり少ない。しかし、なんとしても行かなければ、来た意味がない。これから行く場所こそが、今回の旅の目的なのだからー。




その目的地とはAramengo(アラメンゴ)。そんなわけで、ポルタ・ヌォーヴァ駅から揺られること約20分。やってきましたChivasso!!! この駅に寄る人は、たいていアオスタに行く人ばかりー。結局、降りたのは私1人という寂しい駅でした(汗。



駅前は閑散としているのは当然のこととして、とにかく静かな町でした。とりあえず、目的地へのバスがあるかどうかを調べようと、駅を出たら右手にあるバス停に行きましたが、目的地の名前は載っていても、この駅からは出ていないようでした(汗。



というわけで、タクシーで行くしかないことが分かったのですが、また携帯でタクシーを呼ぶことになるのかと、Carignan(カリニャン)での苦い思い出を思い出すのでした。

が、しかし、どうせタクシーに乗るのなら、いつ乗ってもいいやということで、このChivassoを散策してみることにしました。ということで、駅を出て左に行き、突き当たりをまっすぐすすむと開けた場所に出ました。



その後、メイン通りらしき通りを歩き、外観が気に入り中に入ると、日曜日ということでミサが行われていました。で、もちろん参列しました。それよか、席が満席。何て街なんだっ!



しばらく辺りをうろちょろするも、地図を持っていなかったので迷いそうになり、遠く行こうとするも引き返しましたが、どうやら遺跡やらダムみたいなところもあるようです。また、ちょっと駅から離れた広場ではテントが開かれ、市場のようになっていました(と思います)。でも、人気はありませんでしたが(汗。あと、フィアットだかの工場があるんだとかー。

旅行計画時、バスに乗るなら朝しか便がないだろうと思い、来たものの、結局バスは走っておらず、すでにこの街ですることがなくなってしまったので、とりあえず駅に戻ることにしました。

多分こっちの方だろうと歩いていたらたくさんの標識を発見っ!



一安心しながら駅に着いてちょっとベンチで休憩していましたが、駅前にあるTAXIの看板のところにプジョー君がぶーんとやってきたので「ちょうどいいや。乗っちゃえ」と乗り込んじゃいました。そして、例の行き先を告げると、若い運転手は嫌そうな顔をされましたが、ちゃんと連れて行ってくれました。

それと帰る途中、ATMがどこかにないかと探していましたが、結局見つけたところは、最初の広場にあるところだけしか見つかりませんでした。メイン通りにないっていうのも(偏見ですが)変わってますね。



ChivassoからAramengoまでは、タクシーで約30分、30ユーロ程です。イタリアのタクシー代が安いってのは嬉しい限りです。

そして、タクシーから見る景色は、最高ですっ!!!
さすがはイタリアのピエモンテ!!!

以下、街中の写真です。















再見
posted by Nabokov at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック