2009年07月02日

74:クレモナ(イタリア)



5月4日。

俺、イタリアへ行ったら
お前のあの歌歌って、がんばるからな

やってきました「耳をすませば」の第2の聖地、イタリアはクレモナ。第1の聖地である聖蹟桜ヶ丘には何度も行っていますが、ここに来るのはもちろん初めてー。駅に着くやいなや、ミラノへ引き返すために滞在できる時間は約2時間。そんなわけで、さっそく目的地へ向かうのでした。


見たかったのはストラディヴァリアーノ博物館。地図を片手に通りをフラフラ。ようやくたどり着き、チケットカウンターに行くも「今日はもうお終いだよ」との冷たい一言。「いつ開くの?」と聞いたら、明日とのことー。何てことだ、、、。



仕方がないので、メイン通りのパレストロ通りとカンピ大通りを通って、コムーネ広場まで向かいました。











そして、横道へ入って、、、。





やってきましたコムーネ広場。想像よりも大きな広場でしたが、塔のトラッツォのむき出しのレンガ、そしてドゥオーモの面構えに感動♪ 

















そして、さらにドゥオーモの中に入ってさらに感動♪ 壁一面に描かれた画。なんと美しいことか! しかし、痛みが酷い。一刻も早く、直してあげなければー。



洗礼堂にも行きましたが、ここはちょっと、、、。



広場をフラフラとしていたら、広場に面した工房を発見っ! とりあえず外面だけチェキしてきました(汗。



地図の見た目よりもかなり大きな町、クレモナ。駅からコムーネ広場までは約20分で、約2キロメートル。さて、そろそろ帰るかと思い駅に向かうものの、道に迷った(汗。

確かこっちだよな、、、と行ってみたら、小学校らしきところに着き、彼らの下校を見守ることになりました(汗。母親たちに道を聞こうと思いましたが、方角は間違っていないだろうと突き進みました。遠くに並木が見えるところに来ましたが、やっぱり分からない。そして、迷うこと20分。汗だくになりながら無事、駅に到着。

そして、乗るはずだった電車に乗れなかったのか、、、と思いきや、その電車は急遽運行中止になったみたいでした。そして、次の電車がミラノへ帰る最後の電車でしたが、それまでの待ち時間約1時間。することもなく、疲れていたこともあって、駅のカフェで食事と休憩をしました。



食後はさすがに時間を持て余していたので、駅周辺を散策。教会で行われていたお祈りに参加してきました。





教会前にはなんとはしたない、18禁な日本の漫画が、、、。



駅に戻ると、ミラノ行きの最終便を待つ人たちがホームに群れていました。そしてまた、時間通りに来るはずもなく、10分送れてホームに入ってきました。そして、ミラノへ戻るのでした。



ミラノに着いたら、すぐさま今日の宿泊地であるヴェネチア行きのチケットを買いに行きました。チケット窓口には長蛇の列ができていましたが、自動券売機はガラガラ。何で券売機で買わないのだろうといつも不思議に思うヨーロッパですが、1分ほどで乗る便を決め購入。遅々として進まない窓口組みに別れを告げて、10分後に発車する電車に乗り込む前に、ヴェネチアに着くのが夜になるので、軽く食事を取るために売店で果物とパン、飲み物を買い、列車に乗り込みました。

カントリーロ〜ド♪
この道〜♪


再見
posted by Nabokov at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122672771
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック