2009年07月05日

77:オルヴィエート(イタリア)



5月7日。フィレンツェからローマへ行く途中、「世界一美しい丘上都市」と称される町、オルヴィエートに立ち寄ることにしました。しかし、駅からではその町の全景が見えない(w。まぁ、仕方がないなとケーブルカーに乗り込みましたが、噂どおり荷物を預けられるところがなく、重たいバックパックを背負ったまま丘というより崖と呼ぶべき岩肌を登っていきました。


駅前はこんな感じです。



ここから丘の上の駅に着いたら、とりあえず中央広場まで距離があるようですし、旅行者は皆バスに乗り込んで行ったので私も便乗することにしました。3分ほどでしょうか、ドゥオーモ前の広場に着いたので下車しましたが、何とも綺麗なドゥオーモを見上げ感動しました。







その後、ツーリズモに寄って地図を手に入れ、それに載っていたView Pointを目指して歩き出しましたが、さすがは丘の上、そこから見える景色は感動ものでした。



その後、この町並みを楽しもうと散歩することにしました。



すこし小腹が空いてきたので、近くのお店で洋ナシとパンを買い、食べましたが、洋ナシの美味しさに改めて気づきました。日本でもこういう美味しいものが手に入ればいいのですが、どうして日本に入ってくるものは美味しくないのでしょうかね〜。



そして、市場に到着っ!





正直、することがない(w。それに、街中にいると端まで行かない限り、丘の上であることが分かりません(汗。まぁ、そんなもんだよなと、帰ることにしましたが、またちょっと迷いました(w。



気づくと、どうやらサン・ドメニコ教会あたりにいるようでした。暑いし、荷物は重たいので教会に入って一休みをしましたが、カヴール通りへ戻ることにしました。







駅前まで来ましたが、電車の時間までまだあるようだったので、近くのView Pointへチェキしに行きました♪









この町にも美味しいレストランがあるようですが、もっと下調べをしてくるべきでした。といっても、訪れた時間が早かったので、レストランはどこも閉まっていましたが(汗。そんなわけで、ケーブルカーでブーンと引き返しました。



オルヴィエートを出たら、終着駅は神の国ことローマ。天使との出会いが待ち遠しくなったものです。しかし、泊まったホテルは最悪でした、、、。

再見
posted by Nabokov at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122837737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック