2010年08月23日

96:アテネ(ギリシャ)



5月9日。今日がギリシャ滞在の最終日で日曜日。朝起きると、外から何やら怪しげな呪文が聞こえてきたので開けてみると、ギリシャ正教のミサのお祈りの声でした。テレビをつけてもリアルタイムで放送されていたので驚いたものです。それはそうと、帰国便の時間までかなりあるので、その間にアテネ市街を散策です。重たいバックパックを背負っての散策はできそうになかったので、ホテルのフロントのお兄ちゃんにお願いして、チェックアウトはするけど荷物だけ置かせて欲しい旨を伝えると快く承諾してくれて、身軽な服装で散策できることになりました。

そして、最初に訪れたのが無名戦士の墓の前ー。交代時間前なのに人だかりがすでにできていて、扇状に並んでいたので隅っこの方に陣取りました。しかし、大規模な交代式を見たいと思って待っていたのですが、その交代式の前に小さな日常的な交代式がありました。時間がもったいないと思ったので、すぐさま次の目的地へ向けて歩き出しました。



オモニア駅の方に向かう途中、トロイヤとミケーネの遺跡を発掘した考古学者シュリーマンが晩年を過ごしたと言われるイリウ・メラトロンという貨幣博物館がありました。中には入らず外観だけを見ただけなのですが、この建物の前に立っている写真に写っているこの男が、その間中、ずぅーっと私を見ていました。見ていたというよりも見つめていたという方が正確なのですが、奥の方にあるガーデンやお店の前に行っても少し後ろをつけて来ては見つめ、帰ろうとすると階段下あたりまでつけてきて見つめてきました。さすがに気分が悪くなったので、すぐさま門から出て、オモニア駅前まで行きました。夏になると、襲われる女性よりも、襲われる男性の数の方が多くなるのは世界共通。あんな髭面は何があってもご免です。



途中、通り沿いの教会のミサに立ち寄りましたが、朝聞いたのと同じような聖歌や祈りの言葉を唱えていました。





続いてアカデミー、アテネ大学、国立図書館前を通り過ぎました。ちなみに、このブログのトップページのバナーはアカデミーのものです。









オモニア駅前は行商という名の出店が青空市をやっていましたが、筋骨隆々の黒人の男性が女性の下着を売るなど、(差別するわけではありませんが)面白い光景に出会えましたが、辺りを歩いていたら方向を見失ってしまってしましました。5分ほど地図と睨めっこし、多分こっちと思うと大正解! 目的地の国立考古学博物館に辿り着きました♪



チケット代を払いどのゲートから回り始めようと思って適当に入っていったら、入口に立っている学芸員!?のおばちゃんに捕まってしまい、チケットを見せろと五月蝿く言うので見せましたが、チケットがあるから入ってきているのにチケットを見せろだなんて、日本人含めアジア人に対しての人種差別に違いありません。早く見せろと言うので、あえてゆっくり出してやりましたよ! まぁ、それはそうと入っていった先の正面にアガメムノン様が降臨っ!!!



さすがはギリシャの国立考古学博物館です。美術の資料に出てくるお宝がたくさんありました!











それにしてもここはデカイ。あっちこっちと歩き回って疲れたので、中庭にあるカフェにて休憩しました。注文したのはチョコレートケーキとコーラ。しかし、チョコレートケーキの上にさらにチョコレートをかけられ、さらに激甘になりました。その上、コーラを注文してしまったものだから、口の中は糖尿病になってもおかしくないほど、いつまでも甘いままでした、、、。





至高の芸術作品を堪能した後は、街中を歩いて、アテネの世界遺産アクロポリスの丘へ行きました。アクロポリスへ登る道は何通りかあるものの、どの道も結局は自分の足で登ることになるので、どこから登っても大差ないのかもしれません。

そういえばこの日の前日、さすがに心配したのか親から電話があったのですが、その際「テレビでアクロポリスが閉鎖されたそうよ」と言われていたのですが、問題なく登ることができました。





アクロポリスはホテルから見えた夜景のように、さぞ壮大で美しいことでしょうと思っていたら、予想を裏切ってくれましたw。まぁ、そんなもんでしょうね。。。でも、高台にあるだけあって、ここから見える景色はさすがに良かったです。

アクロポリスを回っている時、外国人のツアー客が来ていて、少年たちが崖際でジャンプしていたり、飛び降りる声真似をしていたら警笛がなり、警備員が飛んできました。警備員が少年たちに注意すると「Why not?」と応戦していましたが、崖から転落でもされたら入場禁止になりかねないので、他の旅行者にとってもこれは迷惑行為には違いない。騒いだり、ジャンプしたりはしない方がいいでしょうね。























ギリシャ滞在もあと数時間。お土産を買いに行きましたが、ギリシャ出土のいやらしい焼き物の写真やバカでかい国旗などを買いましたw。それにしても、昼間はさすがに人通りが多いです。





アテネを離れる前にホテル近くのレストラン(イタキ島へ行けなかったので名前で選んだ"OLD ITHAKI")に入って最後の食事をしましたが、ここで食べたスープがめちゃくちゃ美味しかったです♪ パンはしけっていて美味しくありませんでしたが、つけて食べるなら問題ないというくらい、このスープは絶品でした。酸味の調整にレモンを絞り、塩と胡椒で微調整。財布の中に残っているユーロを、空港までの電車代分を除いて使い切ろうと思っていたので値段のはるこのスープを注文したのですが正解でした。食事も教会を見ながら、ゆっくりと食べ、分け前を鳩くんたちに上げていましたが、日陰で心地よく、思わず眠りそうになってしまいました。





ぼぉーっとしながら1時間ほどいたと思いますが、そろそろ空港へ向かう時間になったので、ホテルに戻り荷物をピックアップし、シンタグマ駅から空港へ向かいました。飛行機が苦手な私でも、このギリシャ旅行ではありえないほど乗りまくったので、帰りは慣れてしまっていました。映画もある程度は見尽くしてしまったので、快適な眠りをエコノミー席ながら堪能してました。

悔いが残るのは、イタキ島とミストラに行けなかったことくらいー。まぁ、今度来た時にでもアトス山のついでに行ってみようかな〜。

以上、ギリシャの旅、終わり。

再見
posted by Nabokov at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160364608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック