2010年10月14日

104:バンコク4(タイ)



9月25日。なんとも残念なことに、今日が最後のタイ滞在日となってしまいました。帰国便は26日の1時なので、荷物をピックアップして空港へ向かう時間を考えると、市街にいられる最終リミットは22時。

とりあえず、時間に余裕があるし、お昼になっていたので食事をしようと思い、昼から賑わっているというホイクワンという場所へ向かいました。が、しかし、賑わっているどころか露店で営業していたのは皆無。しかも、雨がパラパラと降り始めたので、その入口近くのお店で食事をしました(上の写真)。

運ばれてきてしばらくすると、今回の滞在で初めて体験することになった強烈な雨、スコールが降ってきました。仕方がないので、雨が弱まるまでの3時過ぎまでぼぉーっとしていました。



その後、ちょっと散歩しつつ、時間が早いと思いつつもMP巡りを始めることにしましたが、お店から出て駅前に来たあたりでまた雨が強く降ってきたので、駅の出口のところで30分くらい雨宿りしていました。
その後、ホテルにダッシュで戻り、エアポートリンクで空港へ向かい、2時間前とはいかなかったものの無事チェックイン、、、と思いきや事件発生。バンコクから北京へ向かう便が2時間もセキュリティー面で不安があるとのことで遅延するとのことー。これにより、順調にいっていれば乗れていたはずの北京到着後の2時間後に羽田へ飛び立つ便に乗れないことが分かりました。

私のほかにも5人ほど同様の状態になっていた人がいるようで、北京発成田行きや北京初羽田行きの便に空席があるかどうかの確認で、チェックインカウンターで1時間近く待たされることになりました。結局、成田行きは満席ということが分かったものの、羽田行きに空きがあるとのことで、羽田に昼ごろ着くはずだったのに、夜に着くことになりました。
次の日から仕事で冷や冷やしていたので、そのことは忘れてしまい、疲れ果てて飛行機の中では食事も取らずに爆睡していたら無事帰国していました。そしてもちろん、翌日の勤務は怠惰な勤務だったことは言わずもがなです。

今回、初めてのアジア旅行ということで訪れたタイとミャンマー。これまで、自分が思い描いていたのとは違い、驚きの連続でした。でも、これまでの旅行の中で一番と言ってもいいくらい楽しめたと思います。生活のスタイルが夜型生活のタイ、朝型生活のミャンマーと、双方間逆の国だったものの、印象が激変するほど良い国でした。是非また、近いうちに行きたいものです。でも、年末のバンコク行きのチケットは、すでに直行便はなくなってしまっている。。。

再見
posted by Nabokov at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック