2006年10月07日

6:フロレンヴィル(ベルギー)

Gare de Florenville_01.jpg

駅前には何もなく、唯一綺麗な川のほとりにあるホテルがあるくらい。最も近い街まで行くのにも、延々と続く坂道を登って、何キロあるのか分からない道を進むことになります。草原と牧草に囲まれていて、牛さんが駅近くにいます。修道院へ行くための最寄り駅ですが、バスは1日1本だけです。タクシーが捕まれば運が良いです(常に私服の駅員に頼みましょう)。バスには、フランス人の20代半ばのカップル二人と一緒に乗りましたが、彼らはもうすぐ結婚するとのことで幸せそうでした。あとこの辺りに来たらビールよりもチーズを食べましょう。世界一美味しいです。そういえば、ヨーロッパにきて初めてバスに乗ったのがこの場所ですが、日本と違って運転手が私服だったのにちょっとしたカルチャーショックを受けました。彼はTシャツにジーパン姿の黒人さんでした。

Gare de Florenville_02.jpg

<<< 交差点 >>>

Road.jpg

<<< 最も近い村 >>>

Scenery in the Florenville_03.jpg

Most near Village.jpg

<<< 橋からの眺め >>>

River in the Florenville_01.jpg

River in the Florenville_02.jpg


再見

トップへ
posted by Nabokov at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Trips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック